糖尿病の薬物療法

糖尿病は一度発症すると完治はしないという厄介な病気です。
しかし、食事療法や運動療法、そして薬を使用することで血糖値を正常レベルに保つことができればコントロールすることができます。

薬物治療の方法

糖尿病をコントロールするには、まず食事療法と運動療法を行うよう医師の指示があるはずです。
この2つを実施しても血糖のコントロールが十分にできない場合には薬による治療、つまり薬物治療を行います。
ただし、薬物治療を行う場合も食事療法と運動療法が併用されることがほとんどです。
薬物治療は飲み薬とインスリン注射、そしてインスリン以外のGLP-1受容体作動薬といった注射薬が状態や状況に応じて用いられます。
以前はインスリン注射はあまり飲み薬が効かないケースなどで使われてきたのですが、現在は血糖コントロールを良好に保つためや糖毒素性を取り除くためなどに早期からインスリンを注射することも多くなっています。
さらに、飲み薬とインスリン注射の同時に使用することもあります。
いったんインスリン治療を始めると一生続けなければならないと考えている人も少なくないようですが、最初はインスリンを使用していても状況を見て飲み薬に変更するケースも少なくありません。

薬の役目は素人ではわかりづらい

糖尿病の薬はインスリンの作用不足を補い血糖値を下げることを目的に使用します。
インスリンの分泌量を増やすものやインスリン抵抗性を改善するもの、さらにはインスリン注射のように外部からインスリンの不足分を補うなど、そのタイプはさまざまです。
一種類だけでなく複数の薬を用いたり、インスリン注射やGLP-1受容体作動薬といった注射薬を併用することもあります。
薬を用いる際には医師とよく相談して、どんな薬を用いるのか、それはどんな作用をしてどんな特徴があるのかなど、しっかりと説明を受けて理解することが大切です。
また薬物治療は自分だけの判断で中止せず、必ず事前に医師に相談しましょう。

関連する記事