2型糖尿病とは?

さまざまな合併症を発症する恐れのある糖尿病は今や国民の1/5が患者もしくはその予備軍ともいわれるほどです。
ただし糖尿病は1型と2型の2つのタイプに大別され、糖尿病患者の90パーセント以上は2型糖尿病なのです。
ここでは、この最も患者の割合の多い2型糖尿病について見てみたいと思います。

2型糖尿病の原因

2型糖尿病は血液中のブドウ糖が多過ぎるという病気で、そのままにしておくと全身の血管や神経に悪影響を与え、さまざまな合併症を引き起こす原因となります。
すい臓で作られるホルモンであるインスリンは血糖値を下げてくれるのですが、2型糖尿病はインスリンの働きの低下によるものです。
食べ物の中にある糖分は体内でブドウ糖に分解されて小腸から血液の吸収されるのですが、血液中のブドウ糖が多くなるとすい臓から分泌されたインスリンがそれを筋肉へ送ってエネルギーに変えるのです。
けれどもインスリンがうまく働かないと増えたブドウ糖をうまく処理できずに血液中の糖が多過ぎる状態が続いてしまうのです。
糖尿病はカロリーや脂肪の高い食事の摂り過ぎや運動不足などが原因とされることから、生活習慣病が引き起こすケースが多いといえます。
しかし遺伝が原因という場合も少なくなく、それならばいくら本人が注意しても仕方がないということにもなります。

合併症を防ぐ

とにかくインスリンの働きの低下、つまり作用不足を改善して血糖値をできるだけ正常に近い状態にコントロールすることが、2型糖尿病の対処方法なのです。
そういった対処をせずに放っておくと、血液中の大量のブドウ糖がすい臓にダメージを与えてさらにインスリンの働きを悪くしたり、筋肉や肝臓などでインスリンが効きにくくなる「インスリン抵抗性」を引き起こすこともあります。
こういった悪循環は「糖毒性」と呼ばれますが、糖尿病による合併症にならないためには、早めに血糖値を下げて糖毒性を排除することが肝心なのです。

関連する記事